• 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

お問い合わせ

禁止薬物を使用せざるを得ないとき

禁止物質を使用せざるを得ないときには

禁止薬物を使用せざるを得ない場合には,事前に申請して使用の許可を得ておく必要があり,TUE(Therapeutic Use Exemptions:治療使用特例)といいます。TUE(治療使用特例)申請が必要な競技者は,WADA/JADAから指定されているRegistrated Testing Pool(検査対象者登録リスト)に指定されている選手と,ドーピング検査を事前に実施することを提示されている大会に出場予定の選手です。検査の対象となる国内大会は,JADAのHPに掲示されています。申請方法の詳細もJADA HPに記載されています。

1.TUE(治療使用特例)が許可される条件

以下の4条件をすべて満たすことが必要とされています。
(1) 治療上使わざるを得ない
 (使用しないと健康上重大な障害を及ぼすことが予想される)
(2) 他に代替治療法がない
(3) 治療上使用した結果,競技力を向上させない
(4) 禁止物質又は禁止方法を使用する必要性が,以前に禁止されていた物質又は方法を使用したことの結果として生じたものではない
※ 申請すれば必ず許可されるものではありません。事前に審査を行うため,試合や大会の30日以上前に提出する必要があります。

2.TUE(治療使用特例)の申請方法

提出書類:TUE申請書+診断根拠を客観的に証明する書類
書類はWADA/JADAのHPからダウンロードできます。
主治医もしくはチームドクターに書類の必要な部分への記入と必要な医療情報(検査結果や場合によってはレントゲンなど)の提供をお願いしてください。
難しい書式ではありませんが,JADAのHPからダウンロードできる記入例を参考にしてください。
喘息の治療薬の場合は,提出の必要なデータが厳格に定められているので注意してください。

TOPへ前へ次へ

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館