Davis Cup by BNP PARIBAS 2018

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

デビスカップ

最新レポート

【2018/9/5】日本代表はダニエル、西岡、内山、綿貫、マクラクラン

【2018/9/5】日本代表はダニエル、西岡、内山、綿貫、マクラクラン

■今月14日~16日に大阪・ITC靱(うつぼ)テニスセンターで行われるデビスカップ by BNPパリバ 2018 ワールドグループ(WG)・プレーオフ、日本―ボスニア・ヘルツェゴビナ戦の代表メンバーが4日に発表された。日本は、ダニエル太郎(シングルス64位、ダブルス799位)、西岡良仁(S177位、Dなし)、内山靖崇(S271位、D102位)、綿貫陽介(S277位、D903位)、マクラクラン勉(Sなし、D24位)の5人。今年2月のイタリア戦メンバーから杉田祐一(S91位)と添田豪(S176位)がはずれ、西岡と綿貫が加わった。綿貫はデ杯代表初選出。

■ボスニア・ヘルツェゴビナは、ミルジャ・バシッチ(S81位、D233位)、トミスラフ・ブルキッチ(S264位、D153位)、ナルマン・ファティッチ(S533位、D838位)、ダルコ・ボヤノビッチ(S955位、D923位)の4選手。ブルキッチは監督兼選手の登録。ボスニア・ヘルツェゴビナは今年の欧州/アフリカ・ゾーンをダミル・ジュムール(S27位)とバシッチのシングルス、バシッチ/ブルキッチのダブルスで勝ち上がってきたが、今回はエース格のジュムールがメンバーからはずれた。

■日本とボスニア・ヘルツェゴビナは初対戦。13日にドロー抽選会が行われる。対戦は14日にシングルス2試合、15日にダブルス1試合、16日にシングルス2試合が予定されている。デ杯は2019年から、1年をかけてトーナメントで優勝を争う従来のWGのフォーマットを変更、11月に18チームが参加して「デ杯ファイナル」を開催し、1週間で優勝チームを決める新方式で行われる。今回のプレーオフ勝者は、デ杯ファイナル進出を目指して、来年2月のファイナル予選に進む。

*世界ランクは8月27日付

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

チームスポンサー

Japan Airlines

ellesse

ellesse


大会スポンサー

DUNLOP

IKEUCHI_ORGANIC

Japan Airlines

関連リンク

Live Scores

テニスファン メルマガ

Tennnis ONLINE

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館