2020 Davis Cup

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

デビスカップ

最新レポート

【2017/9/18】初出場のマクラクラン・ベンと内山靖崇のペアは敗れる

【2017/9/18】初出場のマクラクラン・ベンと内山靖崇のペアは敗れる

[ダブルス]
○マルセロ・メロ/ブルノ・ソアレス 7-6(2),6-4,6-2 ●マクラクラン・ベン/内山靖崇

■第1セットは接戦となった。日本はマクラクランのサーブなどペアの持ち味を発揮、リターンゲームでもよく食らいついた。しかし、タイブレークでプレーの精度の差を見せつけられた。試合が進むにつれて、相手がリズムをつかみ、第3セットは2-6と圧倒された。

■内山は「1セットもとれなかったくやしさはある。特に第1セットは何度かチャンスがあったので、そこが取れたら相手をあわてさせることができたのではないか。初めてデ杯でベンと組んだが、サーブ・アンド・ボレーヤーと組むのはすごくやりやすい。ジュニア時代を別にすれば組むのは2回目だが、いいプレーができた」と手応えもあった様子だ。

■デビスカップ初出場のマクラクランは「いいチャンスがいっぱいあったから、第1セットを取りたかった。取れたら相手にもっとプレッシャーをかけられた。デ杯でプレーすることは夢だった。学ぶことが多い試合だった。二人のトップ10プレーヤーに対し、チャンスもあり、大きな差があるとは感じなかった。これからもできるだけのことをして頑張りたい」

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
https://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

チームスポンサー

Japan Airlines

gosen


オフィシャルウエア

mizuno


大会スポンサー

DUNLOP

BOURBON

  • お問い合わせ

    お問い合わせの画像

    お問い合わせは日本テニス協会まで(平日10~18時)
    電話:03-6812-9271
    MAIL:daviscup@jta-tennis.or.jp

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階