2020 Davis Cup

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

デビスカップ

最新レポート

【デ杯英国-日本戦】日本代表は錦織圭、ダニエル太郎、西岡良仁、内山靖崇

【デ杯英国-日本戦】日本代表は錦織圭、ダニエル太郎、西岡良仁、内山靖崇

■デビスカップ by BNPパリバ 2016 ワールドグループ(WG)1回戦、英国-日本(3月4日~6日・英国)戦の代表選手が23日、発表された。日本は錦織圭(日清食品=シングルス世界ランク6位)、ダニエル太郎(エイブル=同87位)、西岡良仁(ヨネックス=同126位)、内山靖崇(北日本物産=同238位)の4人で、昨年のWGプレーオフのコロンビア戦と同じチーム編成となった。

■一方、英国代表はアンディ・マリー(同2位)、カイル・エドムンド(同82位)、ジェイミー・マリー(ダブルス世界ランク2位)、ドミニク・イングロット(同28位)という顔ぶれ。昨年のデ杯で優勝している英国は、昨年決勝のメンバーからシングルス3番手で入っていたジェームズ・ウォード(シングルス世界165位)を外し、ダブルスが専門のイングロットを加えた。

■両チームのメンバーでは、錦織とA・マリー、西岡とエドムンドがこれまでに対戦がある。錦織対マリーはマリーの5勝1敗。錦織は14年ATPツアー・ファイナルでマリーから初勝利を挙げているが、昨年はマスターズ1000のマドリードとカナダで2連敗している。西岡とエドムンドは、エドムンドが4勝1敗とリードするが、直近となる昨年の全米予選3回戦では西岡がエドムンドを破って、本戦出場を果たしている。

■会場は英国バーミンガムにあるバークレーカード・アリーナで、インドアのハードコート。日本は英国と85年前の1931年に一度だけ対戦があり、このときはフレッド・ペリーらを擁して黄金時代を築きつつあった英国に0-5で敗れている。

■両チームの陣容は次の通り。

【日本】
錦織 圭(26):シングルス6位、ダブルス857位
ダニエル太郎(20):シングルス87位、ダブルス970位
西岡良仁(20):シングルス126位、ダブルス602位
内山靖崇(23):シングルス238位、ダブルス322位

【英国】
アンディ・マリー(28):シングルス2位、ダブルス144位
カイル・エドムンド(21):シングルス82位、ダブルス ―
ジェイミー・マリー(30):シングルス ― 、ダブルス2位
ドミニク・イングロット(29):シングルス ― 、ダブルス28位
*世界ランクは2月22日付け。

※写真は2015年コロンビア戦時のもの

(広報委員会)

チームスポンサー

Japan Airlines

gosen


オフィシャルウエア

mizuno


大会スポンサー

DUNLOP

BOURBON

  • お問い合わせ

    お問い合わせの画像

    お問い合わせは日本テニス協会まで(平日10~18時)
    電話:03-6812-9271
    MAIL:daviscup@jta-tennis.or.jp

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階