2022 Davis Cup by Rakuten

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

デビスカップ

最新レポート

【2022/3/5】ダニエル太郎はマダラスを下し、2勝2敗に追いつく

【2022/3/5】ダニエル太郎はマダラスを下し、2勝2敗に追いつく

[シングルス第3試合]
○ダニエル太郎 6-0、7-5 ●ドラゴス・マダラス

■マダラスは世界ランク300位台の24歳だが、昨年から今年にかけてITFの1万5000ドルの大会で7勝を挙げているプレーヤー。ダニエルは「すごい武器があるわけじゃないので、少し安心していたが、ITFであれだけ優勝しているので、いつチャレンジャーに来て勝ち始めてもおかしくないレベルにある。気を抜いたら危険な相手」と警戒してコートに入ったという。

■腰を据えたラリー戦で相手のミスを引き出した。威力を増したサーブも冴えて、第1セットは6ゲームを連取した。ただ、第2セットでダニエルの危機感が現実になりかけた。第2ゲームで初めてゲームを取ったマダラスのショットに勢いが出てくると、「相手がレベルを上げてきた時、自分は引いてしまった」というダニエルにミスが増えた。ここから2連続でブレークを許し、ゲームカウント1-4と離された。第6ゲームの相手サーブでも3ポイントを連取され、1-5とされる寸前まで追い込まれた。「あの時は(引いてしまったことを)自分の中では怒っていた。でも、冷静にゲームを進めていけば、2セット目も取れるかもしれないとも考えていた」。気持ちを切らさず、持ち味の粘りを取り戻して、このセットの逆転につなげた。

■前日にE・イマーと対戦して、改めてデ杯の重圧を感じたというダニエル。「昨日は痛い負けをデ杯で喫したが、いい経験だったと思う。今日は、試合前のプレッシャー、怖さから逃げないで、何に集中しなければならないかを考え、気持ちを整えてコートに入ることができた」。錦織圭と西岡良仁が欠場し、ナンバーワンの立場で出場した国別対抗戦は、これからのツアーにも生きる貴重な経験になる。

(日本テニス協会広報部)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

チームスポンサー

Japan Airlines

gosen

オフィシャルウエア

UNIQLO

関連リンク

Daviscup Official Live Scores

テニスファン メルマガ

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

公益財団法人日本テニス協会
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階