Davis Cup by BNP PARIBAS 2018

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

デビスカップ

最新レポート

【2018/9/16】初代表の綿貫も勝利、日本は4-0の完勝で全日程を終える

【2018/9/16】初代表の綿貫も勝利、日本は4-0の完勝で全日程を終える

[シングルス第3試合]
○綿貫陽介 6-1,6-3 ●ダルコ・ボヤノビッチ

■第2日までに日本が勝利を決め、最終日のシングルスは“消化試合”になった。岩渕聡監督が起用したのは初代表の綿貫。「これからチームに入ってくる選手」と20歳の新鋭に経験を積ませることが目的だった。ただ、岩渕監督は「彼も今後につながる試合にしなくてはいけないし、チームにとっても大事な選手なので、チーム一丸で勝ちにいく。大事な試合になる」と位置付けた。

■雰囲気を味わわせるだけでなく、綿貫を「試す」目的も含めての起用だった。岩渕監督は試合後、「意図的にプレッシャーをかけて送り出した」と明かした。「デビスカップの重みも感じてほしかったし、デ杯デビューは一生に一度、緊張の中で戦う経験は大きい」。監督の意図は綿貫にも伝わっていた。「次のデ杯で(出場の)チャンスが来て、2-2で自分が出る状況もあると思う。その時に、今日、プレッシャーがかかった状態で試合をしておけば、大きく違う」。

■立ち上がりには硬さが見られたが、4ゲーム連取でリズムをつかんだ。相手のボヤノビッチは世界ランク958位で、綿貫同様、初出場とあって「自分のやりたいようなプレーはできなかった」という。アンフォーストエラーが多く、スコアも離れたが、綿貫のショットが相手に良さを出させなかったと見るべきだ。ストロークは深く、トップスピンの効いた重いボールが相手を押し込んだ。エースは2本だけだったが、ファーストサーブ時のポイント獲得率は91%と高く、一度もブレークを許さなかった。

■「相手も気を抜かずにがっつり来たので、そこで勝ち切れたのはよかった」と綿貫は胸をなで下ろした。「ポイントがかかっているのと同じ(重圧のある)状況で、どれだけのプレーができるか見たかった」という岩渕監督も「素晴らしい試合。大舞台で強いという印象」と手放しで褒めた。4-0の勝利に加え、思惑通り、20歳をチームの戦力に加えられた。「我々にとって理想的な形で終えることができた」。岩渕監督の言葉が弾んだ。

■日本の岩渕聡監督「相手にエースのジュムールがいないのが大きかった。バシッチも淡白なプレーだったが、こういう時こそすきをみ見せずに、しっかり勝つことが大事になる。1セットも落とさずにできたことにチームの成長を感じる。選手は大事な試合が続くので、サポートを続けて来年2月のファイナル予選につなげたい。

■ボスニア・ヘルツェゴビナのブルキッチ兼任監督「残念ながら0-4で負けてしまったが、観客は温かく迎えてくれて、楽しくプレーできた。また、全員がプレーできたことに意味がある。昨日のダブルスに出場したファティッチ、今日のボヤノビッチは若い選手なので、経験を積んでいるところだ。(今回は欠場した)ジュムールがチームに戻れば、またこのステージで戦える可能性はある」

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

チームスポンサー

Japan Airlines

ellesse

ellesse


大会スポンサー

DUNLOP

IKEUCHI_ORGANIC

Japan Airlines

関連リンク

Live Scores

テニスファン メルマガ

Tennnis ONLINE

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館