The 96th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

大正製薬 リポビタン
全日本テニス選手権96th

最新レポート

【2021/11/7】清水悠太が今井慎太郎を下し、初優勝を飾る

【2021/11/7】清水悠太が今井慎太郎を下し、初優勝を飾る

[男子シングルス決勝]
○清水悠太(三菱電機) 6-3,6-4 ●今井慎太郎(イカイ)

■第1シードの清水が、持てる技術と戦術、タイトルへの思いを立ち上がりの攻防に集約させた。冒頭のサービスゲームは落としたが、すぐにブレークバック、6-3まで一気に走った。サーブで崩し、「3球目」で仕留める王道のプレーでサービスゲームは盤石。このサーブには、今井も「確率とコース配分が素晴らしく、対応が遅れてしまった」と脱帽した。清水は相手のサーブにも完璧に対応、得意のストローク戦に持ち込み、今井に重圧をかけた。

■第2セットも清水がブレークで先行、しかし、3-2からのサービスゲームで唯一とも言えるピンチがあった。先にゲームポイントを握りながら、今井に完璧なパスを打たれ、デュースに追いつかれた。それでも清水はひるまずネットを取って得点。アドバンテージを握ると、サーブのウィナーで締めた。今井に劣らぬ攻撃的なプレーで2セットを連取した清水は「気持ちを強く持ち続けて、相手がどう出てこようができるだけ攻めていくスタイルを最後まで保てた」と胸を張った。

■過去の対戦成績は清水の2勝3敗。試合巧者も、今井のアグレッシブなプレーは容易に攻略できなかった。しかし、この決勝ではペースを握って離さなかった。清水が戦術を明かした。「何回も対戦し、負けの方が多かった。サーブとフォアハンドが得意な選手で、バックハンドを狙ってくると思っていたと思うので、逆にフォアをねらった」。相手の想定の裏をかく戦術が、今井のリズムを狂わせたのは間違いない。今井のフォアのクロスが甘くなるのを見逃さず、フォアに回り込んで放つダウン・ザ・ラインは抜群の切れ味だった。

■近年、若い選手たちは、全日本は世界に出ていく通過点だと口にする。世界ランキング428位の清水も思いは同じだろう。優勝の感激にひたる間もなく、その日の内に欧州遠征に旅立つという。昨年からのコロナ禍に、自身の故障も重なり、「うまくいかないことが多い2年間だった」と清水。この優勝を新規まき直しのきっかけにしたい。

(日本テニス協会広報部)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

関連リンク

Tennnis ONLINE

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階