The 97th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

大正製薬 リポビタン
全日本テニス選手権97th

  2022年10月22日(土)~10月30日(日)(予選:10月19日(水)~)

 Official Twitter Account   Official Facebook Page   Official Instagram Account

最新レポート

【2021/11/4】今西美晴が小堀桃子とのタフマッチに勝利

【2021/11/4】今西美晴が小堀桃子とのタフマッチに勝利

【女子シングルス準々決勝】
〇今西美晴(EMシステムズ) 7-6(9)、1-6、7-6(2) ●小堀桃子(橋本総業ホールディングス)

■第4シードの小堀は、強打に驚くような威力はないが、正確なコントロールで相手を左右に振り回してポイントを奪う試合巧者。強打の打ち合いでは、素早い動きでコートをカバーしラリーを続ける粘り強さがあり、チャンスを見出すとカウンターを仕掛けてくる。簡単にはポイントを取らせてくれない相手だ。

■第1セット、第3セットがタイブレークにもつれた試合は、2時間51分を要した消耗戦。今西は強打にミスが出ても、先に仕掛ける攻撃的な姿勢を失わなかった。小堀の巧みなプレースメントに振り回されるシーンも多く、今西が試合途中で左足の太ももをテーピングする場面もあった。苦しんだ今西だったが、第3セットのタイブレークでは、立ち上がりに5ポイントを連取して勝利を引き寄せた。

■優勝した17年大会以来の準決勝進出。今西は「最初から最後までタフマッチだった。うまく体が動かせない中で最後まであきらめずに戦えたことが、勝利につながった」と声を弾ませた。29歳とベテランの域に足を踏みいれているだけに、足の回復具合が心配されるが、「明日(5日)も試合できるのはうれしい。しっかりケアをして臨みたい」と4年ぶりのタイトルにかける意気込みを語った。

(日本テニス協会広報部)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

関連リンク

JTA LIVE

Live Scores

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

公益財団法人日本テニス協会
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階