The 95th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権95th

最新レポート

【2020/10/30】第8シードの山﨑純平が第1シードの清水悠太を破る

【2020/10/30】第8シードの山﨑純平が第1シードの清水悠太を破る

[男子シングルス準々決勝]
○山崎純平(日清紡ホールディングス) 7-5,6-1 ●清水悠太(三菱電機)

■全日本選手権では3年連続の対戦となった。清水が2連勝していたが、昨年はファイナルセット7-5という大熱戦。勝った清水が「最後の方までリードされていて、終わったかなと思った」と振り返るほど僅差の試合だった。フットワークを生かし、優勢になれば一気呵成に攻め立てるスタイルもよく似ている。第1セットのスコアは一進一退だったが、山崎は3-5からの相手サービスゲームでブレークに成功、4ゲームを連取してセットを奪った。

■優位を逆転されたことで、第1シードには大きな重圧がかかったはずだ。片山翔(伊予銀行)に大苦戦した1回戦同様、リズムに乗れない清水は苦しい戦いを強いられた。第2セットは山崎の独壇場になった。山崎は「粘りながらセットを取ったことで、第2セットは相手の集中が少し切れかかるところがあって、そこで一気に行けたのがよかった。大事なポイントで集中力が上げられた」と会心の試合運びを振り返った。

■第1シードを撃破し、視界がひらけた山崎。準決勝ではワイルドカード(主催者推薦)で出場の今村昌倫(慶應義塾大学)と当たる。17年の全日本王者高橋悠介(三菱電機)と山崎は同年代で、四大大会ジュニアなどで切磋琢磨した。ライバルの初栄冠から3年遅れのビッグタイトルに、一歩近づいた。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階