The 95th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権95th

最新レポート

【2020/10/29】日比野菜緒は穂積絵莉との94年生まれ対決を制す

【2020/10/29】日比野菜緒は穂積絵莉との94年生まれ対決を制す

[女子シングルス2回戦]
○日比野菜緒(ブラス) 6-4,2-6,6-4 ●穂積絵莉(日本住宅ローン)

■ともに94年生まれ、四大大会での実績もある両者の対戦は期待通りの熱戦になった。立ち上がりは日比野が先行したが、穂積も追い上げた。「彼女のフォアハンドからのミスが減り、そのことで私も少し引いてしまい、ゲームがタイトになってしまった」と日比野が第1セットを振り返る。

■ジュニア期から競り合ってきただけに、お互いのプレーの特徴、得手不得手は頭に入っている。最新の世界ランキングでは日比野の71位に対し穂積は373位と差が開いたが、穂積も13年に全日本選手権を制し、17年の全豪では予選を突破した実力者だ。どちらがラリーの先手を取るか、少しのところでポイントが行き来した。一つずつセットを取り合い、最終セットも終盤までスコアは開かなかったが、最後は日比野に軍配が上がった。

■「タフな試合になると分かっていて、予想通りタフな試合になった。彼女とこれだけいい試合ができてうれしいし、勝てたのは本当にうれしい」と日比野。互いに精一杯の試合ができた、結果が出ずに苦しんでいた仲間の復調も実感できた。タフな3セットを戦い抜いた日比野の「うれしさ」には、色々な意味が込められていそうだ。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階