The 95th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

三菱 全日本テニス選手権95th

最新レポート

【2020/10/29】20歳の田島尚輝が第6シードの越智真を振り切る

【2020/10/29】20歳の田島尚輝が第6シードの越智真を振り切る

[男子シングルス2回戦]
○田島尚輝(やまやコミュニケーションズ) 6-4,4-6,6-1 ●越智真(江崎グリコ)

■20歳の若武者が第6シードの越智を振り切った。最初のセットを奪ったが、第2セットは4-6。こうなると試合巧者の24歳に分があるとも思われたが、田島は試合が進むにつれて持ち味を出した。ベースラインでの打ち合いから、中に入ってフラットの強打。武器のサーブ、さらにネットプレーも交ぜて、守備力のある越智を攻め立てた。田島は「ファイナルセットまでもつれたが、スコア以上にタフだった」と胸をなで下ろした。

■18年全仏ジュニアのダブルスでチェコ選手と組んで優勝。全仏の同種目では06年の錦織圭(日清食品)以来の日本勢の栄冠だった。近年はフランスのアカデミーで腕を磨いたが、コロナ禍が広がった欧州を避け、現在は味の素ナショナル・トレーニング・センターで練習する。この1月に世界ランキング603位をマークし、さあこれからというときにツアーが中断。しかし、「いろいろ、フォームから細かく変えた」と、この時期にしかできないことに取り組んだ。昨年は男子シングルスを20歳の野口莉央(明治安田生命)が制した。田島もこの大会を飛躍のきっかけにできるか。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階