Fed Cup by BNP PARIBAS 2019

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

フェドカップ

最新レポート

【2019/4/19】日本はシングルスに土居、日比野、複に青山、穂積が出場

【2019/4/19】日本はシングルスに土居、日比野、複に青山、穂積が出場

【フェドカップ by BNPパリバ 2019ワールドグループ2部プレーオフ 日本-オランダ】

■20日に開幕するフェドカップ by BNPパリバ 2019 ワールドグループ(WG)2部プレーオフ、日本―オランダ戦の組み合わせ抽選と両チームの記者会見が大阪市内で行われた。日本はシングルスに土居美咲(WTA単ランキング104位)と日比野菜緒(同112位)を起用、初日の第1試合で土居がリヘル・ホヘンカンプ(同176位)と、第2試合で日比野がビビアネ・スフーフス(同149位)と対戦する。最終日のシングルスは対戦相手を入れ替え、土居がスフーフスと、日比野がホヘンカンプと対戦する。最終試合のダブルスでは、共に2年ぶりに代表入りした青山修子(WTA複44位)、穂積絵莉(同31位)がレスリー・ケルクホフェ(同122位)、デミ・シュールス(同7位)組と対戦する。

■2月のスペイン戦に続いて第1シングルスで出場する土居は「スペイン戦ではシングルスで負けてしまってチームに貢献できなかったので、今回は絶対勝ちたい。チームのみんなで勝利を目指して頑張りたい」と抱負を述べた。第2シングルスの日比野は「大阪に入ってからいい練習ができている。2月に一緒にプレーした加藤選手、二宮選手の分まで頑張りたい」と意気込みを示した。

■スペイン戦同様、最終日のシングルスでの起用も想定される奈良くるみは「相手チームはランキングは低いかもしれないが強い相手だと思う。フェド杯は何が起きるか分からないので、私たちも気を引き締めて戦いたい」と話した。

■青山と共に2年ぶりのフェド杯出場となる穂積は「2年前はダブルスに(勝敗が)かかり、私と青山選手が負けてしまってとても悔しい思いをした。今回はどんな状況で回ってきても最後は勝利で終われるように頑張りたい」と力を込めた。チーム最年長の31歳、青山は「フェド杯で戦うのは楽しみ。お客さんや周りのサポートを力に、いいエネルギーを出し、いい雰囲気で戦うことが私のできることなので、精一杯出しきりたい」と全力投球を誓った。

■土橋登志久監督は「2日間、全力で、全員で戦い抜く。スタッフ、サポーター、すべての力を結集して戦い抜き、(WG2部)残留を決めたい。一番大切なのはチームワーク。フェアに戦い、気持ちを一つにするというテーマでチームを編成した。どの選手も万全の態勢を整え、準備してくれているので対戦が楽しみ」と総力戦を強調した。

■オランダのポール・ハールフース監督は「どの試合もタフなものになるだろう。日本チームも調子は良さそうだが、私たちも好調なので、面白い対戦になる。ホームの観客がついている日本がやや有利だが、私たちもアウェー戦で良い結果を残してきた」と翌日からの対戦を見据えた。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

チームスポンサー

Japan Airlines

mizuno

gosen


大会スポンサー

DUNLOP

関連リンク

Live Scores

テニスファン メルマガ

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館