2020 Davis Cup

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

デビスカップ

最新レポート

【2018/2/1】出場選手と対戦順が決まる。日本はシングルスに杉田、ダニエルが出場

【2018/2/1】出場選手と対戦順が決まる。日本はシングルスに杉田、ダニエルが出場

■2日から盛岡タカヤアリーナ(岩手県盛岡市)で開催されるデビスカップ byBNPパリバ 2018 ワールドグループ1回戦「日本対イタリア」の抽選会が1日、盛岡市内で行われ、シングルス、ダブルスの出場選手と試合順が決まった。

■初日のシングルス第1試合ではダニエル太郎(世界ランキング100位)がイタリアのナンバーワン、ファビオ・フォニーニ(同22位)に挑む。第2試合では日本のエース、杉田祐一(同41位)がイタリアのアンドレアス・セッピ(同78位)を迎え撃つ。

■第2日のダブルスはマクラクラン・ベン(複ランキング36位)、内山靖崇(同122位)組がシモーネ・ボレリ(同168位)、パオロ・ロレンツィ(同82位)組と対戦する。最終日のシングルスは初日と対戦相手を入れ替え、杉田-フォニーニ、ダニエル-セッピの順で試合を行う。

■日本の岩渕聡監督は「シングルスのフォニーニとセッピはある程度予想していた。イタリアは実績、実力、経験のある選手がそろい、タフな戦いになる。日本チームもいい準備ができているので、しっかり、いい戦いができると思う。地の利を生かして勝ちに向かっていく」と自信をのぞかせた。

■昨年のブラジル戦に続いてエースを任される杉田は「全力を出して自分を表現したい」と抱負を語った。となりの宮城県出身で盛岡にはなじみが深く、「ジュニアのときに何度も試合に来ているので、ホームな感じ。温かいサポートを楽しみにしている」と話した。

■昨年のワールドグループ1回戦、フランス戦以来のデ杯となるダニエルは「すごく楽しみな舞台。デ杯は個人戦ほど1年中ないし、ホームでファンもたくさんいるので楽しみたい」と話した。昨年、スペインから再び日本に拠点を移したばかりで、プレースタイルも改造中だが、「自分自身、チャレンジだし、タフな相手にチャレンジできるチャンス。勝っても負けても生かしたい」とデ杯出場を自身の躍進にもつなげるつもりだ。

■全豪の男子ダブルスで4強入りしてデ杯に臨むマクラクランは「相手は絶対強いけど、僕たちも強いので、いい試合になる。頑張ります」とすっかり板についてきた日本語で話した。デ杯に6年連続出場となる内山は「イタリアは層が厚いので、どの選手が来てもタフな試合になる。日本もいい準備ができているので、しっかり自信を持って戦える」と冷静に分析した。

■両チームで最もシングルスランキングが高いフォニーニは「戦う準備はできている。明日(初日のシングルス)が重要になる」と自信を見せた。最終日に対戦する杉田については「この5カ月、いいプレーをしている。危険なプレーヤーだが、ファイトして勝ちたい」と話した。チーム最多の単複41試合をデ杯で戦ってきたセッピは「両チームにとってタフな戦いになるだろう。フィフティ・フィフティのスタートだが、ファビオが最初に1ポイントとってくれると期待する」と話した。初日に対戦する杉田に関しては「安定したプレーの選手で、昨年は芝で初タイトルも取っている。ベースラインでの動きがいい。簡単な相手ではない」と警戒する。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
https://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

チームスポンサー

Japan Airlines

gosen


オフィシャルウエア

mizuno


大会スポンサー

DUNLOP

BOURBON

  • お問い合わせ

    お問い合わせの画像

    お問い合わせは日本テニス協会まで(平日10~18時)
    電話:03-6812-9271
    MAIL:daviscup@jta-tennis.or.jp

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階