2022 Davis Cup by Rakuten

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

デビスカップ

最新レポート

【2022/3/5】綿貫陽介がエリアス・イマーに敗れ、日本はファイナル進出ならず

【2022/3/5】綿貫陽介がエリアス・イマーに敗れ、日本はファイナル進出ならず

[シングルス第4試合]
○エリアス・イマー 6-3,6-3 ●綿貫陽介

■立ち上がり、綿貫はスローペースのラリーから一転、ダウン・ザ・ラインに攻めるなど、意図の明確なプレーを見せた。ブロックリターンから機を見てネットを取るなど、相手をあわてさせて自分のペースに引きずり込む巧妙さもあった。だが、第1セット2-3からのサービスゲームで急にミスが増え、初めてブレークを許すと、流れが相手に傾いていく。第2セットはブレークダウンからのスタートだったが、相手の乱調に付け込んでブレークバック、2-2に追いつく粘りを見せた。しかし、これが最後の抵抗だった。第7ゲームで再びサービスを落とし、ストレート負け、日本チームの敗退が決まった。

■随所に光るプレーはあったものの、プレーの波が大きかった。綿貫は「立ち上がりはいい形で入れたが、自分のプレーが乱れ始めたところからリズムを失ったのが敗因」と振り返った。必要だったのは安定感か、あるいは逆に、ミスを恐れず突き進む勢いだったのか。残念ながら、綿貫はそのどちらも披露することができなかった。

■チームの勝敗の懸かる最終試合を初めて任されたプレッシャーもあったという。「試合中は何も感じていなかったが、今感じるのは、チームの思い、応援してくださっている皆さんの思いは重かったなと。感じたことのない重圧があった」と明かした。E・イマーは13年からデ杯代表を務め、シングルスで11勝13敗の成績を残している。綿貫は3勝0敗、デビューから無敗は立派だが、経験十分とは言えない。ホームの声援を背に、闘志を内に秘め、終始安定したプレーを見せたイマーとは明らかな差があった。

■岩渕聡監督「少し力が足りず、勝つことが出来なかった。選手はコート上で持てるものを出してくれたし、スタッフもやれることはすべてやってくれた結果なので、しっかり受け止めて次に進んでいきたい。エリアス・イマーは、単複両方の試合で素晴らしいプレーをしていた。彼にやられたデ杯だと思う」

(日本テニス協会広報部)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

チームスポンサー

Japan Airlines

gosen

オフィシャルウエア

UNIQLO

関連リンク

Daviscup Official Live Scores

テニスファン メルマガ

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

公益財団法人日本テニス協会
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階