English

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

お問い合わせ

english
TENNISP&Sでテニスをはじめよう!

JTA最新レポート

【全仏オープン】車いすの国枝慎吾が3年ぶり7度目の優勝

【全仏オープン】車いすの国枝慎吾が3年ぶり7度目の優勝

【全仏オープン】
(5月27日~6月10日・パリ、フランス)

[車いすテニス男子シングルス決勝]
○国枝慎吾 7-6(5),6-0 ●グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)

■第1セットは5-2とリードしながら、追いつかれた。初戦や準決勝のように積極的に攻めたが、「打ち過ぎ、攻め急ぎ」(国枝)でミスが増え、相手に付け込まれた。だが、相手に行きそうな流れをなんとか止めた。5-5からのゲームでは、3度あったゲームポイントをしのいでブレーク。6-5からのサービスゲームでは5度のブレークポイントをしのぎ、8度目のデュースでもぎ取った。

■「バックハンドのダウン・ザ・ラインが入っていなかったので、クロスで勝負しよう、じっくり1本作るぞ、と手を打った」と国枝。「しっかりファイトしてタイブレークを取り切ったところで流れが来た。あれがすべてだった」と満足そうに振り返った。「よく持ちこたえた。自分が見えていた」と岩見亮コーチも感心する粘り腰だった。第2セットは終始、国枝ペース。82分かかった第1セットと対照的に24分で決着した。

■優勝を決めた国枝は力強くガッツポーズ。この優勝で世界ランキング1位復帰も確定した。2016年2月に1位の座から陥落して2年4カ月ぶりの返り咲きだ。国枝は「おまけみたいな感覚」と言いながら、「1位でいるのは気持ちいい」と笑顔を見せた。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
https://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館