English

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

お問い合わせ

english
TENNISP&Sでテニスをはじめよう!

JTA最新レポート

【島津全日本室内】穂積絵莉/内島萌夏組が優勝

【島津全日本室内】穂積絵莉/内島萌夏組が優勝

【島津全日本室内選手権女子】
(2月19日~24日・島津アリーナ京都)

■島津全日本室内選手権の女子シングルス、女子ダブルスが19日~24日、京都市の島津アリーナ京都で行われた。シングルスの日本勢は準決勝で姿を消して、第7シードのエレナ・インアルボン(スイス)が優勝した。ダブルスは穂積絵莉(日本住宅ローン)/内島萌夏(昭和の森ジュニアテニスクラブ)組が制した。女子は今回、ITFワールドツアーの6万ドル大会として開催された。

■ITF6万ドル大会として初開催。準々決勝には第1シードの日比野菜緒(ブラス)、第2シードの奈良くるみ(安藤証券)、今西美晴(島津製作所)、岡村恭香(橋本総業ホールディングス)と4選手が準々決勝に勝ち上がった。しかし、ベスト4に進んだのは日比野だけで、その日比野も準決勝で第8シードのZHANG Kai-Lin(中国)に2-6、4-6で敗れ、日本勢は決勝に進めなかった。決勝
では19歳の第7シード、エレナ・インアルボン(スイス)がZHANGを6-2、6-3で破り、今季初、通算6度目のITF大会シングルス優勝を果たした。ダブルス決勝では、ノーシードの穂積絵莉(日本住宅ローン)/内島萌夏(昭和の森ジュニアテニスクラブ)組が第2シードのCHEN Pei Hsuan/WU Fang-Hsienの中華台北ペアを6-4、6-3で破り優勝した。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
「日本テニス協会公式ブログ」はこちらから!
http://jta.blog.so-net.ne.jp/

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館