The 97th All Japan Tennis Championships

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

大正製薬 リポビタン
全日本テニス選手権97th

  2022年10月22日(土)~10月30日(日)(予選:10月19日(水)~)

 Official Twitter Account   Official Facebook Page   Official Instagram Account

最新レポート

【2022/10/29】関口周一は過去2度優勝の伊藤竜馬を破って初の決勝へ

【2022/10/29】関口周一は過去2度優勝の伊藤竜馬を破って初の決勝へ

[男子シングルス準決勝]
○関口周一(Team REC) 6-4,6-4 ●伊藤竜馬(橋本総業ホールディングス)

■国際大会、国内大会あわせた対戦成績は関口の1勝7敗。初対戦の2010年甲府国際オープン(ITF)で勝ってから白星がない。今大会は関口が第4シード、伊藤が第12シードとシード順は上だが、難敵であることは間違いない。いい状態の伊藤がどんなグラウンドストロークを放つか、関口は身にしみて分かっていた。

■過去の対戦では「スライスでかわしたり、ペースを落としたりしながら戦った」。それも関口の持ち味の一つだが、真っ向勝負を避けた形だ。だが今回は「動きと、引き下がらないで打ち合うことを意識した」。さらにもう一つ、キーワードがあった。「ファイトする」。鈴木貴男コーチからのアドバイスを心に刻んで臨んだという。

■剛球の伊藤と、ボールを散らして相手を動かす関口。両者が持ち味を出した。伊藤は準々決勝での添田豪(GODAI)との激闘もあってコンディションは万全でなかったが、それでも「自分のできることはやった」と強打を続けた。第2セットは関口が3-1と先行したが、伊藤も懸命に追いかける。以降の6ゲームが最大の見せ場だった。3度あったブレークポイントをしのぎ、逃げ切った関口は「いつ反撃されるかっていう怖さもあったが、太刀打ちできる心の準備はできていた」と胸を張った。

■全日本選手権では16年から3年連続4強入りしたが、決勝に進出するのは初めてだ。「万全な状態ではなかったので、出るか出ないかっていうところまで考えた。良くも悪くも期待はしてなかったが、やれることをやって、テニスの調子もよくなってきた」と無欲の勝利を強調する。決勝で当たる第1シードの今井慎太郎(イカイ)には、対戦成績で2勝4敗と分が悪く、この9月のUchiyama CUP(ITF)でも完敗した。しかし、過去の戦績が関係ないことは、準決勝で証明済みだ。

(日本テニス協会広報部)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

関連リンク

JTA LIVE

Live Scores

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

公益財団法人日本テニス協会
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-2
Japan Sport Olympic Square 7階