Davis Cup by BNP PARIBAS 2018

  • 標準
  • 特大
サイト内検索 検索

デビスカップ

最新レポート

【2017/2/3】西岡良仁はジル・シモンの技と経験に屈す

【2017/2/3】西岡良仁はジル・シモンの技と経験に屈す

[シングルス第2試合]
●西岡良仁 3-6,3-6,4-6 ○ジル・シモン

■錦織の欠場で、ナンバーワンとして初めて臨んだ西岡は、ストレート負け。「ところどころ、いいプレーができていたけど、相手にいい流れを断ち切られて、少しずつ差をつけられた」。元世界6位で32歳のシモンの技と経験に屈した。

■初顔合わせの格上に挑む姿勢として、出だしは良かった。バックハンドのストロークで展開し、チャンスと見ればネットへ出て、第2ゲームをブレーク。しかし、次のゲームをキープできず、勢いをすぐに失ってしまった。ミスの少ないシモンに対して、西岡は積極的にネットに出て揺さぶる狙いだった。だが、西岡が左右に振って、コーナーを狙ったボールも、相手のリーチは長く、何度もバックハンドのダウンザラインで鮮やかに返された。「なるべく前に行って、という形を取りたかったけど、(相手の)プレースタイルがカウンターで簡単に切り返されてしまって、なかなか攻められなかった」。日本のサウスポーは、じわじわと攻め手を失い、焦りの色がプレーに見えた。第2セットも先にブレークして3-2としたが、その後に4ゲームを続けて落とした。

■試合の流れが大きく変わるチャンスは、第3セット中盤にあった。ブレークバックして3-3とし、盛り上がるスタンドからの声援も力に、続くゲームもしっかりとキープした。だが、この大事な場面で、サービスエースを取るなど、集中力とプレーの質を高めたシモンは「強打して振っても返ってきた。その(西岡の)姿勢が素晴らしかったから、一切油断はなかった」と話した。西岡も悔しさをかみしめながら「もう1ポイント取れたら、取れたかもしれないセット。それを取れなかったのが僕の実力で、それが彼の強みだったかもしれない」と認めるしかなかった。

(広報委員会)

本記事は、日本テニス協会メールマガジン「Tennis Fan」の抜粋です。「Tennis Fan」の購読ご登録はこちらから!
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx

オフィシャルウェア

ellesse

関連リンク

Live Scores

テニスファン メルマガ

Tennnis ONLINE

ページトップへ

本サイトで使用している画像・テキスト・データ等すべてにおいて無断転載、使用を禁じます。

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館